火災保険の選び方 - 保険相談 見直し.com - 房総エリア(館山市・南房総市・鴨川市・鋸南町)

HOME > 目的別保険相談 > 掛け捨てタイプの火災保険を相続する場合、相続財産にはならない?

火災保険の選び方

掛け捨てタイプの火災保険を相続する場合、相続財産にはならない?

2020年02月18日

【ご相談事例】

相続によってマイホームを取得しましたが、同時に火災保険も引き継ぎました。

引き継ぐ火災保険が積立タイプの場合は相続財産になると聞きましたが、今回引き継ぐのは掛け捨てタイプです。
この場合、相続財産にはならないのですか。

【ご回答】

積立型の火災保険には「積立金」があり、解約すれば解約返戻金が、契約が満期になれば満期返戻金が払い戻されます。

この場合の解約返戻金や満期返戻金は相続財産にあたるため、預貯金などのように相続財産として取り扱われます。

一方、掛け捨てタイプの火災保険は、保険料を月払いや年払いで支払っていると、解約返戻金がそれほど高額にはならないため、相続財産として取り扱わなくてもいいかもしれません。

しかし、火災保険には「長期一括払い」があり、かつては20年・30年といった長期契約が可能でした。

そのため、「長期契約で保険料の一括払いをしている」場合には、掛け捨て型でも解約返戻金が高額になるケースがあり、相続財産に含めて考えるのが一般的と思われます。

まずは未経過分の保険料を計算して、相続財産に計上する必要があるのか、税金の専門家に相談してみるといいでしょう。

なお、相続税には「3,000万円+600万円×法定相続人の数」に相当する基礎控除額があるため、相続が発生したからといって全ての人に相続税が課税されるわけではありません。

相続税が非課税になる場合は、相続人の中で火災保険も一緒に引き継ぐことを合意してもらえばいいのではないでしょうか。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

火災保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

ページの先頭へ

事務所移転イベント
りすまね通信

東日本大震災 がんばれ日本 房総を救う
メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 間立 徹

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら リスクマネージメント 株式会社

営業時間/
月~金曜 9:00~18:00

〒294-0041
千葉県館山市高井1546

TEL/0470-24-3611
FAX/0470-24-3612

公共交通機関をご利用の場合

JR内房線館山駅から徒歩約30分

お車をご利用の場合

館山自動車道終点富浦出口より国道127号線バイパス直進、車で5分 カインズホーム交差点左折し道なりに約600m右側です。事務所敷地内駐車場完備。

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

専業代理店年間優績
表彰制度入賞代理店

トップクオリティー代理店Ⅱ認定

ロイヤルステイタスクラブ
ビッグ会員


資金計画アドバイザー
住宅ローンアドバイザー

全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。